Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

スタッフプロフィールStaff Profile

  • 石井 源一郎
  • Genichiro Ishii, MD, PhD

石井 源一郎

がん細胞の周囲には、多数の非がん細胞が存在しています。なかでも線維芽細胞は、1) 組織間隙を充填する細胞として、あるいは、2) がん細胞に直接影響を与える細胞として、機能しています。近年の研究から、線維芽細胞は機能的・形質的にも不均一な細胞集団であることが認知されてきました。そして、がん細胞もまた、不均一な細胞集団です。こうした不均一ながん細胞と線維芽細胞とが形成する微小環境モデルを、蛍光タンパク、time lapse imagingなどの技術を駆使して作製し、がんの進展機構、薬剤感受性機構の解明に取り組んでいます。さらに、ヒト臨床検体を用いてこれらを検証することにより、がんの本態解明と新たな治療開発を目指しています。

職名
  • 臨床腫瘍病理分野 ユニット長
  • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 NCC腫瘍医科学 連携准教授
  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 客員教授
専門領域
  • 病理学
キーワード
  • がん微小環境
  • 肺がん
  • がん関連線維芽細胞
現在の
主な研究テーマ
  • 微小環境に着目したがんの本態解明と治療開発
共同研究が
可能なテーマ
  • がん関連線維芽細胞の生物像
  • 薬剤感受性に関わるがん微小環境
Email
略歴
  • 1990年金沢大学医学部 卒業
  • 1994年千葉大学大学院医学研究科博士課程(病理系) 修了
  • 1994年千葉大学医学部 病理学第一講座 助手
  • 2000年同 講師
  • 2001年国立がんセンター研究所支所 臨床腫瘍病理部 病理形態研究室長
  • 2005年国立がんセンター東病院臨床開発センター 臨床腫瘍病理部 病理形態研究室長
  • 2012年現職
主な所属学会
  • 日本病理学会(評議員)
  • 日本癌学会(評議員)
  • 日本肺癌学会(ガイドライン検討委員会 病理小委員会 副委員長)
主な論文
その他
  • 第13回日本癌病態治療研究会 優秀演題賞
  • 第53回日本病理学会 学術研究賞演説(A 演説)
  • がん研究振興財団 田宮賞(平成20年度)

Back to top