Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

スタッフプロフィールStaff Profile

  • 藤井 誠志
  • Satoshi Fujii, MD, PhD

藤井 誠志

分子生物学的な解析から病理形態の分子基盤が明らかにされ、病理組織学的な着想が分子生物学的なメカニズムの解明に結びつくと考えています。分子生物学的な視点と病理組織学的な視点が融合する研究を目指し、がん細胞のヒストン適応による合目的な形質獲得機構の解明と、臨床において求められる病理学的な視点を活用する研究を2つの柱としています。

職名
  • 臨床腫瘍病理分野 ユニット長
専門領域
  • 人体病理
  • 実験病理
キーワード
  • ヒストン
  • 扁平上皮
  • オートファジー
  • エピジェネティクス
  • 頭頸部がん
  • 乳がん
  • 消化管がん
  • 消化器がん
  • 放射線障害
現在の
主な研究テーマ
  • がん細胞のヒストン適応
  • 新しい診断学、治療学を構築する研究
共同研究
可能なテーマ
  • がんのエピジェネティクス
  • 臨床において求められる病理学的な視点を活用する研究
Email
略歴
  • 1994年広島大学医学部 卒業
  • 1998年広島大学大学院医学系研究科 博士課程 修了
  • 1998年国立呉病院  臨床検査科病理 医員
  • 1999年広島大学医学部 病理学第二講座 助手
  • 2001年米国 MD Anderson Cancer Center 博士研究員
  • 2004年広島大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学研究室 助手
    広島赤十字・原爆病院 病理部 医員
  • 2005年国立がんセンター東病院臨床開発センター 臨床腫瘍病理部 細胞動態室長
  • 2012年現職
主な所属学会
  • 日本癌学会(評議員)
  • 日本病理学会(学術評議員)
  • 日本頭頸部癌学会(病理委員会委員長、表在癌委員会委員)
  • 日本乳癌学会
  • 日本食道学会(内視鏡検討委員会委員)
  • 日本消化器癌発生学会
  • 日本臨床細胞学会(日本臨床細胞学会教育研修施設指導責任者)
  • American Association for Cancer Research
主な論文
その他
  • 第56回日本病理学会 学術研究賞演説(A演説)
  • 日本病理学会 病理専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 当院病理診断の担当臓器(責任者):頭頸部、乳腺、消化管(食道)、骨軟部、婦人科、皮膚

Back to top