Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

スタッフプロフィールStaff Profile

  • 梅田 泉
  • Izumi O. Umeda, PhD

梅田 泉

分子イメージングは、体内における遺伝子やタンパク質などの分子の動きを生きたままにダイナミックに画像化する技術で、まさに「生命の画像」といえます。「がん」という病態、それに対する生命の営み、また治療に対する応答など、がんにかかわる生命の営みをリアルタイムに画像として描出する新しい技術を開発することで、がん治療の最適化、個別化に貢献したいと考えています。

職名
  • 機能診断開発分野 ユニット長
専門領域
  • 分子イメージング
  • 核医学
  • 放射性医薬品学
キーワード
  • 分子イメージング
  • 内用療法
  • ナノキャリア
  • 放射性医薬品
  • 低酸素イメージング
  • イメージングバイオマーカー
現在の
主な研究テーマ
  • (1) がん組織内の難治部位のイメージングを可能とするプローブの開発
    固形がんの内部には低酸素部位が生じており、放射線治療や抗がん剤治療に抵抗性の原因となると考えられている。また、この領域では低酸素誘導因子(HIF1)が活性化し、血管新生や腫瘍増殖、転移を促進することから、悪性度の高い部位ともいえる。低酸素部位やHIF1活性そのものを可視化できる新しい概念のプローブの開発に取り組んでいる。早期に難治部位の有無、部位の確定を可能にし、治療を集中することによって、難治がんの克服につなげたい。
  • (2) 難治がんに対する診断治療一体型高線量内用療法の開発
    浸潤や遠隔転移をきたした、手術での根治が困難ながんに対する治療法として、細胞殺傷効果の強い高エネルギーβ線やα線放出核種を薬として投与し、がん部位に集積させ、放出される放射線でがんを死滅させる「内用療法(内用放射線治療)」が有望である。この実現のため、ナノキャリアと錯体化学を駆使して、正常組織を被曝させることなく、がん部位のみに選択的にかつ大量に放射性核種を集積させる技術の開発を進めている。加えて、放射線を巧みに利用して、薬の動態も同時に可視化できる、診断治療一体型薬剤を設計している。
  • (3) 分子イメージング手法を用いた薬効等の評価と個別化医療、新薬開発への応用
    薬物自身の体内動態や標的到達量および薬効として現れる増殖抑制やアポトーシス等々を分子イメージング手法を用いて可視化することにより、個々の患者の薬物感受性予測や早期効果判定が可能なシステムの構築を目指している。In vivoでの薬効のProof of Conceptともなり得る。また新薬開発のイメージングバイオマーカーとしての応用も進めている。
  • (4) マルチモダリティイメージングによる新しい画像診断法の創出
    光イメージングやMRイメージングなど、分子イメージングの他のモダリティと組み合わせることにより、それぞれの長所を活かし、単一イメージングの限界を超えた新しい画像診断法の開発に取り組んでいる。
共同研究
可能なテーマ
  • 分子イメージングプローブ開発、TR
  • 薬効予測、薬効評価を可能とするイメージングバイオマーカーの開発
  • 内用療法、theranostics
  • 小動物in vivoイメージング
Email
略歴
  • 千葉大学薬学部薬学科 卒業
  • 千葉大学大学院薬学研究科 博士前期課程 修了
  • 帝京大学薬学部 助手、講師、助教授
  • 2007年国立がんセンター東病院 臨床開発センター 機能診断開発部 室長
  • 2012年現職
主な所属学会
  • 日本癌学会(評議員)
  • 日本核医学会(評議員)
  • 日本分子イメージング学会(機関誌編集委員)
  • 日本薬学会
  • American Association for Cancer Research
  • Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
主な論文

Back to top