Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

TRグループ 臨床腫瘍病理分野 Division of Pathology

臨床腫瘍病理分野

臨床腫瘍病理分野では、病理形態像に加え、ゲノム科学、プロテオミクスの成果を統合し、がん患者の臨床像を規定するがん生物像にかかわる分子機構を明らかにすることにより、新しい治療標的の創出や、診断法の開発を目指しています。特に、がんの発生・進展過程にかかわる“がん微小環境”に焦点を当て、がん微小環境を再現できる動物モデルや試験管内モデルを作製することにより、がん微小環境の機構解明だけでなく、この分子機構を標的とした新しい診断法や治療法の開発を試みています。

メンバー

メンバーリストリストを見る

分野長 落合 淳志
ユニット長 石井 源一郎藤井 誠志小嶋 基寛
主任研究員(併任) 桑田 健(東病院 病理・臨床検査科 副科長)
研究員(併任) 光永 修一(東病院 肝胆膵内科 医員)、永妻 晶子(病理・臨床検査科 医員)
リサーチレジデント 祢里 真也
臨床検査技師 中村 優香
大学院生 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 がん先端生命科学分野:樋口 洋一、阿部 杏奈、名取 慶、須田 義上、稲葉 右京、宮下 知之
実験助手 橋本 弘子、福田 幸子、佐藤 正明、花井 珠江、岩谷 あゆみ、遠藤 彩、丸山 奈津子
秘書 須崎 資子、大沼 世史子

お問い合わせ

先端医療開発センター 臨床腫瘍病理学分野 (柏キャンパス)
TEL:04-7134-6855
FAX:04-7134-6865

Back to top