Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

TRグループ:臨床腫瘍病理分野 主な研究内容 Research Projects 臨床腫瘍病理分野 トップページへ戻る

がん生物機能の特性を標的としたがん治療抗体やがん治療法の開発

がん細胞が転移をするためには、転移臓器における環境に適応する必要があります。このがんの環境を明らかにし、適応したがん細胞の生物機能の特性を明らかにすることにより、新たな治療標的が作られると考えられます。

我々はこれまでに前立腺がん、乳がん、多発性骨髄腫等の骨転移のモデルを作製し、これらのがん細胞が異なった機構により骨に転移する一方で、その生存のためには骨内に蓄積されているIGFが重要な役割を果たしていることを明らかにしてきました。

IGFに対する機能阻害抗体を用いた実験では、がん細胞の骨での増殖を抑制することから、抗IGF抗体ががん骨転移に対する有効な治療剤となる可能性が示されました。また、IGFを生体内で最も多く産生している肝臓においては、大腸がん肝転移にIGFが重要な役割を果たしていると考えられ、大腸がん肝転移の治療においても抗IGF抗体が有用であることが示されました。特に、がん細胞が産生するプロテアーゼが、IGFと結合しIGFの機能を阻害しているIGFBPを破壊し、IGFを活性化させることが初めて明らかになりました。

以上の研究より、がんの微小環境を標的としたさまざまな治療薬開発の可能性があることが示されました。今後、新しい治療法の開発を進めていく予定です。

Back to top