Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

SCRUM-Japanについて Introduction

SCRUM-Japanは、2013年に開始した希少肺がんの遺伝子スクリーニングネットワーク「LC-SCRUM-Japan」と、翌14年に開始した大腸がんの遺伝子スクリーニングネットワーク「GI-SCREEN」が統合してできた、日本初の産学連携全国がんゲノムスクリーニングです。

全国約200医療機関と10数社の製薬会社が参画し、アカデミアと臨床現場、産業界が一体となって、日本のがん患者さんの遺伝子異常に合った治療薬や診断薬の開発を目指す、世界最先端のプロジェクトです。

SCRUM-Japanの目的

大規模な遺伝子異常のスクリーニングにより、希少頻度の遺伝子異常をもつがん患者さんを見つけ出し、遺伝子解析の結果に基づいた有効な治療薬を届けること

複数の遺伝子異常が同時に検出できるマルチプレックス診断薬を臨床応用すること

メンバー

事業代表者 堀田 知光 (国立がん研究センター 理事長)
プロジェクト統括 大津  敦 (先端医療開発センター長)

LC-SCRUM-Japan

研究代表者 後藤 功一 (東病院 呼吸器内科長)
研究事務局 葉  清隆 (東病院 呼吸器内科 医長/先端医療科、先端医療開発センター 新薬臨床開発分野)
松本 慎吾 (先端医療開発センター TR分野[柏]、東病院 呼吸器内科)
事務担当 村田 由利 (東病院 呼吸器内科)

GI-SCREEN-Japan

研究代表者 吉野 孝之 (東病院 消化管内科長)
研究事務局 設樂 紘平 (東病院 消化管内科、先端医療開発センター 新薬臨床開発分野)
事務担当 三木いずみ (研究支援センター、東病院 バイオバンク・TR支援室)
中山 晶子 (同)
トランスレーショナル
リサーチ担当
土原 一哉 (先端医療開発センターTR分野長[柏]、東病院 バイオバンク・TR支援室長)
河野 隆志 (研究所ゲノム医学研究分野長、先端医療開発センターTR分野長[築地])
知的財産・産学連携担当 大野 源太 (研究支援センター 産学連携推進室/知的財産戦略室、リサーチ・アドミニストレーター)
データセンター 須藤 智久 (研究支援センター、東病院 バイオバンク・TR支援室)
田上 裕子 (同)
加藤 典子 (同)
SCRUM-Japan事務局 池田 純子 (研究支援センター、東病院 バイオバンク・TR支援室)
参加医療機関 LC-SCRUM-Japan 参加施設
GI-SCREEN-Japan 参加施設
共同研究参加企業 アステラス製薬株式会社
アストラゼネカ株式会社
Amgen Inc.
エーザイ株式会社
MSD株式会社
小野薬品工業株式会社
協和発酵キリン株式会社
第一三共株式会社
大鵬薬品工業株式会社
武田薬品工業株式会社
中外製薬株式会社
日本イーライリリー株式会社
ノバルティス ファーマ株式会社
ファイザー株式会社

(五十音順)

外部アドバイザー 野田 哲生 (がん研究会 がん研究所 所長)
間野 博行 (東京大学大学院医学系研究科 教授)
矢守 隆夫 (医薬品医療機器総合機構 審査センター長)

Back to top