Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

ご寄付のお願い Making a contribution

SCRUM-Japanでは、2017年3月までの約2年間で肺がん・消化器がん計4500例の遺伝子スクリーニングを予定しています。遺伝子解析にかかわる実費は共同研究契約を結んだ製薬会社で分担し、検体の保管や研究支援スタッフの人件費、データベース構築・維持などの基盤整備費は国立がん研究センターで負担しております。

希少頻度の遺伝子異常をもつがん患者さんを見つけ出し、有効な治療薬を届けるためには、大規模なスクリーニング研究を継続することが必要であり、安定した経済基盤が欠かせません。しかし、当センターで負担する基盤整備費は、研究代表者らが獲得した外部の競争的資金に依拠しており、国の財政状況や研究のトレンドなどによって大きく左右される不安定な状況にあります。

また、肺がん・消化器がん以外のがん種への対象拡大も喫緊の課題となっています。特に疾患自体の頻度が低い希少がんは企業主導による開発が難しいばかりか、標準治療が確立されていない疾患も少なくありません。そのため、SCRUM-Japanのような大きな枠組みの下でのがん遺伝子異常の全貌解明や治療標的の同定、治療薬開発の推進が切に求められております。

今現在も病気と闘っている希少頻度の遺伝子異常をもつがん患者さんに新たな可能性を提供するために、そして未来のがん患者さんにより効果的な治療薬を届けるために、皆様方には本プロジェクトの趣旨をご理解、ご賛同の上、ご支援を賜りたくお願い申し上げる次第です。

2015年10月

国立研究開発法人国立がん研究センター SCRUM-Japan研究メンバー一同

寄付金の使途

SCRUM-Japanに携わる研究者・支援スタッフの拡充

検体の保管、データベース構築・セキュリティ環境維持などの基盤整備

肺がん、消化器以外のがん(特に希少がん)への解析対象拡大を目的とした研究資金

ご寄付の方法

1)お振込の場合

1

SCRUM-Japan専用寄付通知書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、寄付担当までお送りください。

【通知書】
法人用(WordPDF) 個人用(WordPDF

【送付先】
国立がん研究センター東病院 事務部 寄付担当
郵送:〒277-8577 千葉県柏市柏の葉6-5-1
FAX:04-7131-9960
E-mail:kifu@east.ncc.go.jp

2

下記の銀行口座にお振り込みください。
三菱東京UFJ銀行 うみかぜ支店 (普)5516500
口座名義:国立研究開発法人国立がん研究センター東病院

3

ご入金を確認後、領収書をお送りいたします。
(通常、ご送付までは2週間ほどかかります)


2)WEBサイトによるお申し込み

クレジットカ-ド決済、インタ-ネットバンキング決済(ペイジ-)にてご寄付いただけます。


3)現金の場合

院内にて承りますので、院内スタッフ、もしくは下記のお問合せ先までご連絡ください。

ご寄付者への特典

先端医療開発センターwebサイト(当サイト)へのお名前掲載(ご希望の方のみ)
・国立がん研究センター広報誌「日々歩」へのお名前掲載(ご希望の方のみ)
・東病院内の寄付者銘板へのお名前掲載(ご希望の方のみ)

寄付金控除

当センターへのご寄付には、特定公益増進法人への寄付として、所得税・相続税・法人税の税制上の優遇措置があります。詳しくは 国立がん研究センター ご寄付のお願い のページをご覧ください。

お問い合わせ

国立がん研究センター東病院 事務部 寄付担当
TEL: 04-7133-1111(内線2343、2413)
E-mail: kifu@east.ncc.go.jp
受付時間 平日9:00~16:00

Back to top