Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

GI-SCREEN-Japan 関連試験Clinical trials related to the GI-SCREEN-Japan

  • このページで紹介する臨床試験は、一部のGI-SCREEN-Japan参加施設で実施しているものです。
  • 企業治験(SCRUM-Japan共同研究への参加は不問)、医師主導治験の両方を掲載対象としています。
  • SCRUM-Japanでは、特定の治験への参加を勧めたり、強制することはありません。治験の選択や参加・不参加は、担当医の裁量や各治験で設定された条件に合致するか否か、そして患者さんご本人の意思によります。

(情報更新日:2017年 5月 9日)

  • 対象遺伝子: なし
  • 薬剤: MK3475(pembrolizumab)
  • フェーズ: 第III相
  • 進捗状況:募集中
  • 試験種別:企業治験(グローバル)
MSI-High 又はMMR 欠損の結腸・直腸癌(Ⅳ期)を対象としたMK-3475と標準化学療法を比較する第Ⅲ相試験(KEYNOTE-177)

Study of Pembrolizumab (MK-3475) vs Standard Therapy in Participants With Microsatellite Instability-High (MSI-H) or Mismatch Repair Deficient (dMMR) Stage IV Colorectal Carcinoma (MK-3475-177/KEYNOTE-177)

対象 MSI-High 又はMMR 欠損の結腸・直腸癌
試験開始日 2015年9月
実施責任組織 MSD
実施施設
北海道 北海道大学病院
埼玉県 埼玉県立がんセンター
千葉県 国立がん研究センター東病院
千葉県 千葉県がんセンター
東京都 がん研究会有明病院
東京都 国立がん研究センター中央病院
静岡県 静岡県立静岡がんセンター
愛知県 愛知県がんセンター中央病院
大阪府 近畿大学医学部附属病院
大阪府 大阪大学医学部附属病院
愛媛県 国立病院機構 四国がんセンター
福岡県 国立病院機構 九州がんセンター
東京都 慶應義塾大学病院
茨城県 筑波大学
石川県 金沢大学附属病院
関連リンク

Back to top