Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

参加方法(患者さん向け) Way to participate

スクラム・ジャパンに参加するには、いくつかの条件を満たしていることが必要です。
2つのプロジェクトごとに参加条件が異なりますので、以下よりご確認ください。

肺がんのLC-SCRUM-Japan(エルシー スクラム ジャパン)

消化器がんのGI-SCREEN-Japan(ジーアイ スクリーン ジャパン)

LC-SCRUM-Japan(エルシー スクラム ジャパン)について

患者さんの数が少ない病気は薬の開発が難しく、新しい治療薬が承認されにくい環境にあります。特に、近年見つかっている希少な遺伝子変化をもつ肺がんは、肺がん全体の1~2%の頻度である場合が多く、これまでの臨床試験の方法では治療薬の開発は困難でした。
そこで、LC-SCRUM-Japanでは、全国の医療機関が一体となって遺伝子スクリーニング(遺伝子の検査をして、目的の遺伝子変化を見つける事)を行うことで希少肺がんの患者さんを見つけ出し、新しい薬の開発につなげます。希少頻度の肺がんの患者さんに有効な治療薬をいち早く届けること、さらに日本の臨床試験を活性化し、国際競争力を高めること、その結果として個別化治療を推進していくことがLC-SCRUM-Japanの目標です。

LC-SCRUM-Japanで遺伝子解析を受けるための条件

※以下のすべてを満たす事が最低限の条件となります

  • 病理学的に肺癌の診断がついていて、病期がⅡ期以上
  • Eastern Cooperative Oncology Group performance status (PS)が0-1(小細胞肺癌の患者さんはPSが0-2)
  • 登録前2週間以内の検査で以下の規準を満たしている
    好中球数 :≧1500/mm3
    ヘモグロビン :≧8.0 g/dL
    血小板数 :≧7.5×104/mm3
    AST,ALT :≦正常上限値×2.5(肝転移を有する患者では×5)
    総ビリルビン :≦正常上限値×1.5
  • 重篤な併存疾患を有しない(例:間質性肺炎、コントロール不良な糖尿病・心疾患・感染症等)

上記以外の医学的な判断により参加が出来ない場合もありますので、ご了承ください。登録可能かどうかは各担当医へ相談してください。

費用

LC-SCRUM-Japanで遺伝子解析を行う場合、その費用は一切必要ありません。
ただし、診察料や検体を採取するための検査費用など、通常の診療に必要となる費用は全て患者さんのご負担となります。

受診の手順

LC-SCRUM-Japanのホームページを参照して頂き、参加施設一覧表で施設名横の「登録受付」に○印がついている病院で登録が可能です。腺癌、扁平上皮癌の方は「非小細胞肺癌」の欄を、小細胞肺癌の方は「小細胞肺癌」の欄に○印がある事を確認してください。参加施設の中からお近くの医療機関を選択して、受診してください。受診の際には必ず紹介状をお持ち下さい。予約方法は各病院のホームページ等でご確認ください。

参加施設一覧表はこちら

*注意点*
以後、通院が必要になる可能性がありますので、通いやすい病院を選択してください。遺伝子検査ははどの病院でも同じように実施出来ます。

消化器がんのGI-SCREEN-Japan(ジーアイ スクリーン
ジャパン)について

GI-SCREEN-Japanは消化器がんの遺伝子スクリーニングネットワークです。

手術が行えない方や再発されている方に遺伝子スクリーニング(遺伝子の検査をして、目的の遺伝子変化を見つける事)を行い、遺伝子のタイプに合ったより良い治療薬を見つけることを目的としています。参加には条件があり、全ての方が参加できるわけではありません。また、遺伝子検査を行っても治療に結びつく結果がでないこともあります。予めご了承ください。

参加条件

下記「参加条件一覧」の通りです。参加を検討する際にご参考ください。
条件以外の医学的な判断により、ご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

参加条件一覧

(詳細は医師にご確認ください)

  • 大腸がん(直腸がん、結腸がん含む)、胃がん、食道がん、肝細胞がん、胆道がん(胆のうがん、肝内胆管がん含む)、膵がん、小腸がん(十二指腸がん含む)、虫垂がん、肛門管がん、消化器原発の神経内分泌腫瘍/癌(NET,NEC,MANEC)、消化管間質腫瘍GISTのいずれかである。
  • 手術が不可能もしくは再発している。
  • 薬物療法(抗がん剤、ホルモン剤、免疫賦活剤等を使う化学療法、肝動注化学療法など)を行っている、過去に行った、もしくは計画されている
  • 遺伝子情報に基づく治療を受けることができる全身状態を有する症例。以下の規準を参考とする。
    • Eastern Cooperative Oncology Group performance status(PS)が0-1。
    • 主要臓器機能について、以下の規準を満たしている。
      好中球数 :≧1500/mm3
      ヘモグロビン :≧8.0 g/dL
      血小板数 :≧7.5×104/mm3
      AST,ALT :≦正常上限値x2.5(肝転移を有する症例では各々≦x5)
      総ビリルビン :≦正常上限値x1.5
      (ただし閉塞性黄疸合併例は、3.0mg/dl 以下または正常上限の3倍以下まで可)
      クレアチニン :≦1.5 mg/dL (もしくは正常上限1.5 倍以下)
    • 重篤な併存疾患を有しない(例:コントロール不良な糖尿病や感染症、症状のある間質性肺炎や肺線維症など)。
    • 登録日から3か月以上の生存が期待される。
    • 遺伝子異常の結果に応じた研究的な治療を受ける意思がある。
  • がんの部分を含んだ検体が過去に採取され、保存されている。または、28 日以内に組織診断またはRAS遺伝子検査のために採取予定である。
  • (大腸がんのみ) KRAS exon2遺伝子検査またはRAS遺伝子検査を行った、もしくはRAS遺伝子検査を行う予定である。

費用

GI-SCREEN-Japanで遺伝子解析を行う場合、その費用は一切必要ありません。ただし、診察料や検体を採取するための検査費用など、通常の診療に必要となる費用は全て患者さんの御負担となります。
合う治療薬があるか、治験に参加できるか、合う治療薬が保険適用されているかなどは、遺伝子検査結果により異なります。

受診の手順

参加施設名の右にある「登録受付」に○印が付いている医療機関で受付が開始となっています。お近くの医療機関をお探しください。
受診を希望する医療機関の、該当する診療科宛の紹介状の作成を主治医に依頼してください。
医療機関のホームページを参照し、該当する診療科の予約を取ってから、ご本人が受診してください。受診の際には、紹介状をお持ちください。

参加施設一覧表はこちら

*注意点*
セカンドオピニオンではなく、初診として受診してください。
何回か通院して頂くことを前提として、通いやすい医療機関をお選びください。遺伝子検査ははどの医療機関でも同じように実施出来ます。
予約のお電話で「GI SCREEN Japanや、ゲノム医療」と言っても通じません。診察時に医師にお伝えください。

Back to top