Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

2014年3月March, 2014

厚生労働省 平成25年度成果報告会に参加いたしました 2014年03月06日 - 活動報告

3月1日(土)、東京コンベンションホールにて、厚生労働省 早期・探索的臨床試験拠点/臨床研究中核病院整備事業の平成25年度成果報告会「国民に届き始めたアカデミア発イノベーション」が開催されました。

当センターも早期・探索的臨床試験拠点のひとつとして、大津センター長ががん新薬のFirst-in-human試験や医師主導治験などに関する今年度の成果を報告いたしました。会場からは多くのご質問をいただき、がん治療の早期開発に寄せられた期待の大きさとその責任を改めて実感しました。
(当日の報告内容のPDFはこちらからご覧いただけます)

前日の2月28日(金)には、同会場で文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラムの成果報告会が行われました。橋渡し研究支援推進プログラムは平成19年に開始、現在2期目を迎えています。7つの拠点はいずれも厚生労働省の拠点にも選定されています。各拠点の報告からは、多彩な学部・学科を擁する大学のシーズ開発・TR研究体制整備など、徐々にわが国でもアカデミア発イノベーションが進んでいることを実感しました。

早期・探索的臨床試験拠点および臨床研究中核病院としては初めての成果報告会でしたが、拠点間の共通課題も浮き彫りにされ、次のステップに向けての各拠点の連携構築をさらに推進することが確認できました。今後もNCC-EPOC職員一同、日本発の医療イノベーション実現に向けて精進してまいりますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

がん臨床研究セミナーお問い合わせ先一覧ページを更新しました 2014年03月04日 - 更新履歴

Back to top