Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

2014年9月September, 2014

LC-SCRUM-Japanを更新しました 2014年09月29日 - 更新履歴

第4回がん新薬開発合同シンポジウムを開催いたします 2014年09月29日 - お知らせ

来る11月28日(金)、東京・大手町の日経カンファレンスルームにて、第4回がん新薬開発合同シンポジウム「日本からのグローバルエビデンス発信を目指して:今取り組むべき課題」を開催いたします。

140929_news_01.jpg

大津センター長が主任研究者を務める厚労省研究班と、がん研究会/PMDA審査センター長 矢守隆夫先生の文科省研究班の合同でスタートした本シンポジウムも、今年で4年目を迎えました。

今回は第1部のテーマを「がん免疫療法の最前線」、第2部を「研究者主導臨床試験における新しい方向性」と題し、近年進歩の著しいがん免疫療法と、昨今相次いでいる臨床試験をめぐる諸問題を中心に討論を行います。各方面をリードする先生方にご講演いただき、日本から世界に通用するオリジナル開発を目指すための新しいステップアップを目指したいと切望しております。

本シンポジウムは、アカデミアの基礎・臨床研究者や支援担当者、企業の開発担当者、規制当局関係者を主な対象としております。参加は無料、事前登録制となっております。 
参加登録は抗悪性腫瘍薬開発フォーラムのサイトで受付中です。定員になり次第登録を締め切らせていただきますので、ご興味のある方はお早めのご登録をお願いいたします。

(企業・その他のご登録枠は受付開始より多数のご登録をいただき、間もなく締め切らせていただく予定です。ご希望の方はお急ぎください)

関係者一同、皆さまのご参加と活発なご討論を心よりお待ちしております。

試験一覧ページを更新しました 2014年09月17日 - 更新履歴

  • 詳しくはこちら
  • Back to top