Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

印刷する

ニュースNews

産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」第二期プロジェクトを開始
─個別化医療を推し進める研究基盤構築を促進─ 2017年08月08日 - ニュース

国立研究開発法人国立がん研究センターは、肺がん、消化器がんを対象としたわが国初の産学連携がんゲノムスクリーニングプロジェクトSCRUM-Japanの第二期プロジェクトを4月より開始しました。

2015年2月に開始したSCRUM-Japanは、第一期プロジェクトでは製薬企業15社、国内245医療機関との共同研究により、2017年3月に登録(速報値:4800例)を完了しました。前身のプロジェクトとあわせ、すでに150例以上の患者さんが、遺伝子解析結果に基づいて、分子標的治療薬の医師主導治験や企業治験に参加しています。
さらに、複数の分子標的治療薬の臨床応用に貢献しており、中でもROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺癌の遺伝子診断薬および治療薬の国内製造販売承認では大きな成果をあげました。

第二期プロジェクトでは、製薬企業16社との新たな共同研究により、2019年3月までに肺がん2500例、消化器がん3000例で、計5500例の登録を見込んでいます。また、(1)治験への登録を明確化した研究計画 書、説明同意文書の作成、(2)治験の対象となる進行がんや未治療例の登録の推進、(3)治療開始直前のサンプル収集の推進、(4)新しい遺伝子解析システムの導入による対象遺伝子の増加と検査期間の短縮、(5)臨床ゲノムデータベースを利用した 疾患レジストリの作成などにより、製薬企業とデータ共有を行いながら、国内の新薬開発体制をさらに強力にサポートする予定です。さらに、LC-SCRUM-IBISをはじめとした複数の個別研究が既に開始となっており、SCRUM-Japanは第一期にひき続き有効な治 療薬を患者さんに届けることを目標として活動を続けます。

詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。
http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20170808.html

7月5日に放送されたグッド・モーニングについて(スクラム・ジャパン) 2017年07月05日 - ニュース

7月5日にANN系列で放送された『グッド・モーニング』の内容について、現在たくさんのお問い合わせをいただいており、電話がつながりにくい時間帯が発生しております。お電話でのお問い合わせは、以下の専用ダイヤルにおかけくださいますよう、お願い申し上げます。

【お電話でのお問い合せ】

問い合せ専用ダイヤル 04-7134-6900(平日8:30-17:15)

「スクラム・ジャパン」に参加するには、かかりつけの主治医に相談するか、お近くのスクラム・ジャパンに参加している病院までお問い合わせください。ただし、臨床試験に参加するには条件があり、必ず参加できるとは限りません。以下の参加の条件をご参照ください。

SCRUM-Japanについて

LC-SCRUM Japan
肺がん  http://epoc.ncc.go.jp/scrum/lc_scrum/institutions.php
参加施設リスト  http://epoc.ncc.go.jp/scrum/lc_scrum/institutions.phpPDF はこちらから
参加の条件  http://epoc.ncc.go.jp/scrum/participate.php
GI-SCREEN Japan
大腸がんなどの
消化器がん 
http://epoc.ncc.go.jp/scrum/gi_screen/institutions.php
参加施設リスト  http://epoc.ncc.go.jp/scrum/gi_screen/institutions.phpPDF はこちらから
参加の条件  http://epoc.ncc.go.jp/scrum/participate.php

受診案内

SCRUM-Japanに限らず、国立がん研究センターを受診されたい場合は、事前のご予約をお願いいたします。初診予約などの手続きについては、下記をご覧ください。

東病院  http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/consultation/jushin_annai.html
中央病院  http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/consultation/jushin.html

5月27日に放送されたサタデーステーションについて 2017年05月29日 - ニュース

5月27日にANN系列で放送されたサタデーステーションの内容について、現在多くのお問い合わせをいただいており、電話がつながりにくい状況が続いております。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

遺伝子スクリーニングネットワークSCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)に参加するには、主治医に相談するか、お近くのスクラム・ジャパンに参加している病院まで、スクラム・ジャパンに参加したい旨、お問い合わせください。ただし、臨床試験に参加するには条件があり、必ず参加できるとは限りません。

国立がん研究センターでは新患予約をお願いいたします。

【SCRUM-Japan参加施設】
肺がん http://epoc.ncc.go.jp/scrum/lc_scrum/institutions.php
大腸がんなどの消化器がん http://epoc.ncc.go.jp/scrum/gi_screen/institutions.php

【お電話でのお問合せ】
問合せ専用ダイヤル 04-7133-1111(平日8:30-17:15)

SCRUM-Japanに限らず、国立がん研究センターを受診されたい場合は、事前のご予約をお願いいたします。初診予約などの手続きについては、下記をご覧ください。

東病院 http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/consultation/jushin_annai.html
中央病院 http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/consultation/jushin.html

11月20日に放送されたNHKスペシャルについて 2016年11月22日 - ニュース

11月20日に放送されたNHKスペシャルの内容について、現在多くのお問い合わせをいただいており、電話がつながりにくい状況が続いております。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

遺伝子スクリーニングネットワークSCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)に参加するには、主治医に相談するか、お近くのスクラム・ジャパンに参加している病院まで、スクラム・ジャパンに参加したい旨、お問い合わせください。ただし、臨床試験に参加するには条件があり、必ず参加できるとは限りません。

国立がん研究センターでは新患予約をお願いいたします。

【新患予約】
東病院 04-7134-6991(平日8:30-17:15)
中央病院 03-3547-5130(平日10:00-16:00)

【SCRUM-Japan参加施設】
肺がん http://epoc.ncc.go.jp/scrum/lc_scrum/institutions.php
大腸がんなどの消化器がん http://epoc.ncc.go.jp/scrum/gi_screen/institutions.php
※現在大腸がんを対象としたプロジェクトは完了しました。来年4月に再開する予定です。
大腸がん以外の消化器がんを対象としたプロジェクトは引き続き進行中です。

【その他のお問合せ】
NHKスペシャル 問合せ専用ダイヤル 04-7134-6900(平日8:30-17:15)

松村保広博士の「トムソン・ロイター引用栄誉賞」授与式が行われました 2016年10月26日 - ニュース

先端医療開発センター新薬開発分野長の松村保広博士が2016年9月に受賞した「トムソン・ロイター引用栄誉賞」の授与式が、都内ホテルにて行われました。
本栄誉賞の分析を長く務めるDavid Pendlebury氏より賞状を授与されました。

詳細は以下のページをご覧下さい。

松村保広博士が「トムソン・ロイター引用栄誉賞」受賞 2016年09月21日 - ニュース

この度、先端医療開発センター 新薬開発分野長 松村保広先生が2016年の「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を受賞いたしました。

同賞は、トムソン・ロイターが保有する世界最高水準の学術文献・引用データベース「Web of Science」上で被引用数の各分野上位0.1パーセントにランクする研究者から選出され、ノーベル賞の科学系4賞(医学・生理学、物理学、化学、経済学)と同カテゴリにおいて、特に注目すべき研究分野で卓越した成果を持つ研究者が選ばれています。

詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。

抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の薬物放出・分布を可視化した画期的な方法を確立 2016年05月09日 - ニュース

先端医療開発センター新薬開発分野(分野長:松村保広)と国立研究開発法人理化学研究所、株式会社島津製作所の研究グループが共同で行った研究で、質量顕微鏡を用いて、抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の薬物放出・分布を可視化した、世界初の評価方法を確立しました。

ADCは、免疫チェックポイント阻害剤に並ぶ次世代のがん治療薬として、米国を中心に精力的な研究開発が行われており、今後のがん薬物治療の主流になると期待されています。

英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に4月21日付けで掲載されたことを受け、本日プレスリリースを配信いたしました。

詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。

抗体医薬開発ベンチャー 株式会社凜研究所がNCC発ベンチャーに認定されました 2016年03月08日 - ニュース

2016年3月3日、抗体医薬開発ベンチャー 株式会社凜研究所が国立がん研究センター(NCC)発ベンチャー に認定されました。NCC発ベンチャーとしては、ノイルイミューン・バイオテック株式会社、株式会社A-Traction に続く3社目となります。

株式会社凜研究所では、先端医療開発センター 松村 保広 新薬開発分野長との連携のもと、新薬開発分野で見出された新規の抗体シーズ数種(大腸がん特異抗体、血液凝固系抗体など)によるがん診断薬ならびに治療薬の開発に取り組み、いち早く臨床応用を達成し、研究成果を社会へ還元することを目的としています。

詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。

国立がん研究センター発ベンチャー 2社が誕生しました 2015年10月21日 - ニュース

国立がん研究センターでは、研究成果の社会還元をするため、知的財産戦略、産学連携を積極的に推進し、その一環として、センター発ベンチャー企業による研究成果の実用化を支援しています。センターの役職員が成し得た知的財産権や研究成果等を活用するために設立したベンチャーからの申請に対し、研究成果の活用が期待できるベンチャーを国立がん研究センター発ベンチャー と認定しています。

センター発ベンチャーと認定されることにより、研究設備等の利用、知的財産権の実施許諾、シーズ開発の支援等を受けることができます。これらによりがん治療、診断、予防におけるイノベーションを起こし、臨床応用を推進することを目指しています。

先月9月には1社目として、先端医療開発センター免疫療法開発分野 吉村清分野長(築地)がサイエンティフィック・アドバイザーを務めるノイルイミューン・バイオテック株式会社 が認定されました。ノイルイミューン社では、CAR-T細胞療法を主とした次世代型免疫療法の開発に取り組んでいます。

さらに今月には、手術機器開発分野 伊藤雅昭分野長(東病院 大腸外科長)らによる株式会社A-Traction がセンター発ベンチャーの認定を受けました。A-Traction社では、全国有数の症例数と技術を誇る東病院内視鏡下手術の現場で生まれたニーズをもとに、腹腔鏡手術支援ロボットの開発を行っています。

両社とも、日本発の革新的医薬品・医療機器をがん患者さんのもとに届けるべく邁進してまいりますので、皆様のあたたかいご支援・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。


詳細は下記のプレスリリース、各社ホームページをご覧ください。

治療抵抗性乳がんに対する核酸医薬の医師主導治験を開始いたしました 2015年07月07日 - ニュース

国立がん研究センターは、研究所で発見された乳がんの治療抵抗性に関わるRibophorin II (RPN2)遺伝子の発現を抑制する核酸医薬製剤TDM-812を国内企業と共同開発し、FIH試験となる第I相医師主導治験(試験番号:EPOC1406)を中央病院で開始、被験者へ投与したことを発表しました。局所進行・再発乳がんを対象とした核酸医薬の医師主導治験は、本試験が世界初となります。

核酸医薬は、異常な遺伝子の働きを抑制するように作用するため副作用も少なく、病気の原因を根本的に治療することが期待される新しい医薬品です。がんの治療薬として承認されているものはまだありません。

治療抵抗性の局所進行・再発乳がんでは、原発巣や周囲のリンパ節などで病巣が皮膚に進展すると、巨大な腫瘤や皮膚潰瘍を形成することがあります。局所の疼痛・出血・悪臭・浸出液などが生じ、患者さんのQOLが著しく低下することも少なくありません。こうした乳がんの局所腫瘤は既存治療ではコントロールが難しく、新たな治療薬の登場が強く望まれています。

詳しくは下記のプレスリリース、関連ページをご覧ください。

大腸がんの複数のRAS遺伝子変異を同時検出する
日本発の体外診断用医薬品の開発に成功 2015年02月23日 - ニュース

大津センター長、土原TR分野長、東病院 吉野消化管内科長(TR分野併任)らの多施設共同研究グループと、G&Gサイエンス株式会社が協働で研究開発に取り組んでいた、大腸がんの複数のRAS遺伝子変異を同時検出する体外診断用医薬品「MEBGENTM RASKETキット」(製造販売:株式会社医薬生物学研究所)が2015年1月27日付で日本国内での製造販売承認を取得したことを受け、本日プレスリリース を配信いたしました。

この研究開発の成果は、独立行政法人科学技術振興機構(JST) 研究成果最適支援プログラム(A-STEP)の支援を受けて行ったものです。

また、RASKETの臨床性能試験の結果をまとめた論文がEBioMedicine誌にアクセプトされました。現在はin pressの状態ですが、ScienceDirect webサイトからaccepted manuscriptのPDFをご覧いただけますので、ご興味のある方はぜひ下記URLからアクセスなさってください。

膵がんに対するGBS-01医師主導治験(前期第II相試験)の
患者登録を開始いたしました 2013年03月25日 - ニュース

去る3月11日、「ゲムシタビンとフッ化ピリミジン系抗癌剤不応膵癌患者を対象としたGBS-01の医師主導治験(前期第II相試験)」の患者登録が開始されました。実施施設は国立がん研究センター東病院、同 中央病院、がん研究会有明病院の3施設です。

早期・探索臨床研究センター(NCC-EPOC)は、アカデミア発の治験薬であるGBS-01が、治療選択肢の少ない膵がん患者さんの新たな希望となり得ることを願い、本試験の実施に注力してまいります。

詳しくは下記のプレスリリースならびに関連ページをご覧ください。

ホルモン受容体陰性かつHER2受容体陰性の
再発・転移性乳がん(トリプルネガティブ乳がん:TNBC)
に対するオラパリブ(国内外未承認)AZD2281を用いた
医師主導治験を開始しました 2013年03月07日 - ニュース

NCC-EPOCでは、ホルモン受容体陰性かつHER2受容体陰性の再発・転移性乳がん (TNBC) の患者さんを対象とし、国内外未承認のPARP阻害薬であるオラパリブと国内外で承認されている抗がん剤であるエリブリンを併用する多施設第I/II相試験(医師主導治験[試験番号:EPOC1202])を2013年1月8日に治験届を提出し、開始いたしました。

TNBCは、全乳がんの約10~20%を占め、比較的若い世代に患者さんが多いとされています。また、他の乳がんのタイプと比較して病状の進行が速く、治療選択肢が乏しい(いわゆる効果のある抗がん剤が少ない)ことも知られています。特に、乳がんに対する代表的な治療薬剤であるアンスラサイクリン系薬剤、タキサン系薬剤を使用した後に増悪した患者さんを対象とした治療法開発への期待が世界で高まっています。

期待されている新薬を用いた治療法を開発することを通じて、将来的に世界のTNBCの患者さんの手元に新たな治療法がいち早く届けられることを願い、国立がん研究センター中央病院が中心となり、四国がんセンター、大阪医療センターと3施設共同の医師主導治験を開始いたしました。

なお、本医師主導治験は、日本医師会治験促進センター 治験推進研究事業、厚生労働省 早期・探索的臨床試験拠点整備事業、アストラゼネカ株式会社(治験薬提供者)の支援を受けて実施しております。

本医師主導治験に関する詳しい情報は下記リンク先をご覧ください。

UMIN-CTR (UMIN試験ID: UMIN000009498)
アンスラサイクリン系薬剤とタキサン系薬剤の治療歴を有する Triple negative typeの手術不能・再発乳がんに対するEribulin併用のOlaparib第I/II相臨床試験

コアファシリティ

アストラゼネカ社との臨床試験に関する包括契約のもと、
最初の抗がん剤の国際共同第I相試験を実施 2013年02月08日 - ニュース

国立がん研究センターとアストラゼネカ株式会社は、2011年に締結した臨床試験に関する包括契約に基づき、PIMキナーゼ阻害剤「AZD1208」の国際共同第I相試験を開始しました。
 
本試験は、英国の医療機関と国立がん研究センターで、単一のプロトコルを用いて行われます。リアルタイムにデータを共有することで、より迅速に人種間の比較が可能になり、最終的に「適切な医薬品を適切な患者さんに一日も早く届ける」ことができると期待されています。
 
詳しくは下記リンク先をご覧ください。

RET融合遺伝子陽性の肺がんに対する
全国規模のスクリーニングと
国内未承認薬を用いた医師主導治験を開始します 2013年01月15日 - ニュース

NCC-EPOCでは、RET融合遺伝子陽性肺がん(以下RET肺がん)の大規模スクリーニングと、国内未承認の分子標的治療薬を用いた第II相臨床試験(医師主導治験)を世界に先駆けて実施いたします。
 
RET融合遺伝子は、2012年3月に報告された肺がんの発生・増殖にかかわる重要な遺伝子です。RET肺がんの患者さんの割合はわずか1~2%とされており、臨床試験を実施するのに十分な患者数を集めるのが難しいのが現状です。
 
そこで当センターでは、全国50施設以上が参加する大規模な遺伝子診断ネットワーク「LC-SCRUM-Japan」を構築し、医師主導治験「LURET試験」を早期にスタートさせることで、RET肺がんの患者さんにいち早く有効な新薬を届けることを目指しています。
 
LC-SCRUM-Japanは今月下旬、LURET試験は2月初旬より開始予定です。
 
詳しくは下記リンク先をご覧ください。

早期・探索臨床研究センター (NCC-EPOC)
ホームページを開設しました 2012年12月28日 - ニュース

2012年も残すところ、あとわずかとなりました。
本日28日は、多くの団体・企業で御用納めを迎えていることと思いますが、国立がん研究センター 早期・探索臨床研究センター (略称:NCC-EPOC) のホームページを開設いたしました。

「ニュース&トピックス」のページでは、NCC-EPOC広報担当から最近の活動報告やお知らせ、メディア掲載情報などをコンスタントに発信してまいります。

まだまだコンテンツは少ないのですが、来年はコンテンツを充実させてまいりますので、ぜひ定期的にご覧ください。また、「こんな情報を載せてほしい」といったご要望もお待ちしております。

最後に、本年はNCC-EPOCに多大なご支援とご指導を賜り、心からお礼申し上げます。
来年も変わらぬご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Back to top