Toward the goal: New agent development from Japan!

先端医療開発センター NCC-EPOC

  • ホーム > 
  • ニュース&トピックス > 
  • RET融合遺伝子陽性の肺がんに対する全国規模のスクリーニングと国内未承認薬を用いた医師主導治験を開始します
印刷する

ニュースNews

RET融合遺伝子陽性の肺がんに対する
全国規模のスクリーニングと
国内未承認薬を用いた医師主導治験を開始します 2013年01月15日 - ニュース

NCC-EPOCでは、RET融合遺伝子陽性肺がん(以下RET肺がん)の大規模スクリーニングと、国内未承認の分子標的治療薬を用いた第II相臨床試験(医師主導治験)を世界に先駆けて実施いたします。
 
RET融合遺伝子は、2012年3月に報告された肺がんの発生・増殖にかかわる重要な遺伝子です。RET肺がんの患者さんの割合はわずか1~2%とされており、臨床試験を実施するのに十分な患者数を集めるのが難しいのが現状です。
 
そこで当センターでは、全国50施設以上が参加する大規模な遺伝子診断ネットワーク「LC-SCRUM-Japan」を構築し、医師主導治験「LURET試験」を早期にスタートさせることで、RET肺がんの患者さんにいち早く有効な新薬を届けることを目指しています。
 
LC-SCRUM-Japanは今月下旬、LURET試験は2月初旬より開始予定です。
 
詳しくは下記リンク先をご覧ください。

Back to top